News Letter & Topics

勝どきウェアハウス / 広尾店

アンティーク家具のペイントとストリップ(剥離)

2017.6.16

アンティーク家具は経年変化によって深みのある色合いになった木目、

キズやシミも味わいとなっていくのが特徴です。

そんな伝統的な家具をペイントしたり、ニスをストリップ(剥離)する

ことでまったく新しい表情にすることが出来るのもアンティーク家具なら

ではの楽しみです。

今回は変身した2つのアイテムをご紹介します!

 

(Before)

シンプルなマホガニープラントスタンド

KA132-マホガニープラントスタンド-4 

(After)

天板をストリップ(剥離)して薄茶色へ、脚のみグレーブラック

ペイントにしたことでモダンテイストになりました。

KA132-ペイントプラントスタンド-4 - コピー

KA132 マホガニープラントスタンド¥40,000+税

 

 (Before)

スタンダードなダークカラーのゲートレッグテーブル

KY 19-オークゲイトレッグテーブル-5

 (After)

ダークカラーのニスをストリップ(剥離)してオーク材本来の木目が

楽しめるライトカラーなテーブルになりました。KY19-オークゲイトレッグテーブル-1 - コピー

KY19 オークゲイトレッグテーブル ¥70,000+税

 

こうした作業は弊社の修理工房で行うことが出来ます。

材質によって向き不向きもありますが、気になるアイテムをさらに

カスタマイズしたい!というお客様のご相談も承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

□勝どきウェアハウス
中央区勝どき5-11-8  TEL:03-6220-1201 
E-mail : antique@pennywise.co.jp

 

□広尾店
渋谷区恵比寿2-31-5  TEL:03-3441-1351 
E-mail : hiroo@pennywise.co.jp