News Letter & Topics

アンティーク家具のいろいろなデザイン 【脚編】

2015.9.14

アンティーク家具を1点1点良く観察していると、作られた年代や材質によってデザインが様々なのは皆様ご存知であろうと思います。

今回はその中でも【脚】のデザインに注目してみようと思います。

アンティーク家具で有名なのはなんと言っても猫脚ですね!!

猫脚というと、高貴な方が座っていたチェアは大体この脚です。

SHA34-2SHK194-6 

 SHA34ウォルナットコンソールテーブル SHK194aウォルナットバルーンチェア

 

他には、ゲイトレッグテーブルなどに良くもち入れられるツイストレッグやオークのダイニングチェアに施されている彫刻などが印象的です。

PJ544-3 SHA27-7

  PJ544 オークオケージョナルテーブル   SHA27 オークチェア

 

猫脚の先っぽがボウルを持ったような鳥?のようになってるデザインのものも多くあります。

SHA59-1 SHA71-2

SHA59 マホガニーカードテーブ     SHA71 マホガニースツール

 

これは、「クロウ&ボール」という形です。ボウルは鳥のたまごや龍の玉を意味し、「知恵」とか「財産」の意味が含まれていて、それを掴むということで「幸せを運んできてくれる」意味が込められています。動物や植物をモチーフにすることは昔の人にとって自然なことだったんでしょうね。

まだまだ様々なデザインがありますが、ひとまずこれまで。こういうウンチクを知ることによってもっともっとアンティーク好きな方が増えてるとうれしいです。

 

□広尾店
東京都渋谷区恵比寿2-31-5 TEL:03-3441-1351 
E-mail :hiroo@pennywise.co.jp