News Letter & Topics

本物のアンティークを…

2016.2.12

HP2

今回ご紹介するSHK138 マホガニーセティは100年以上前のミドルヴィクトリアン時代にイギリスで作られたものです。使用された木材も上質で、今ではなかなかとれないものです。とても固いしっかりした材質ですが、こんなに繊細で立体的な装飾が施されています。

SHK138-2

生地は何度か張り替えられているかと思いますが、この生地はイギリスで張られたままのオリジナルです。アンティーク家具によくみられる少し光沢のある生地で、アールヌーボーを感じさせる織り地です。

SHK138-7

 

このセティとほぼ同時期に作られていたと思われるチェアも合わせてご紹介します。

NE135 マホガニーバルーンバックチェア ¥180,000+消費税NE135-6

 

彫刻のアップはこちら→NE135-1

 

デザインは異なりますが、とても似ています。合わせてディスプレイすると相性がとても良く全体が同じ雰囲気でよくなじみます。

ぜひ実物を見ていただきたいと思うアンティーク家具です。広尾店のお近くに来た際はぜひお立ち寄りください!